大学3年生のぼんやり就活日記

就職活動の情報解禁と言われる3月1日を迎えついに就職活動が本格化してきた。ただ、情報解禁と言っても実際は年明け頃から選考を受け始めているし周りの友達で既に内定をもらって就活を終えている人も少なくない。自分自身、結構楽観的な方なので何とかなる精神で就活を進めてきたがどうしても2次面接以降に進めない。原因は絶対に自分の準備不足だとわかっているけれどなかなか行動できない自分にまた腹が立つ。大学3年生の間、コロナの影響で実際に大学に行けたのはたったの2回。大学で普段会えていた友達ともなかなか会えず、周りの就活がどう進んでいるかなかなかわからない状態にあり、友達と遅くまで飲んで話してストレス発散もできず、気づけば仲の良い先輩たちも卒業してしまうし、、、。何だか少しモヤモヤする状態になっている。自分は将来何をしたくて何のために就職するのかよくわかっていない状況で面接受けても上辺の会話しかしていない気がしてどうしようと悩む今日この頃。自分が社会に出て働いている姿が全くイメージできなしもっと言えば自分が内定をもらっている姿さえ想像できない。難関校と言われる大学に通っているから何となく親戚たちの期待もありそれも少しプレッシャーになる。苦戦したと言った先輩たちも結局みんな有名な企業に就職が決まっていて心の底から本当にすごいなと思う。学歴があるのは確かに有利にはなるけれど学歴に頼って自分を過信してはダメだと言っていた先輩の言葉がとてもしみる。考えることも大事だけれどとりあえず何かしら行動しないとと思って本を買ったり面接練習をしたりしてみるけどどれもパッとしない感じで、今まで自分のことを協調性がある人間だとか人とコミュニケーション取ることが苦手ではないとか思っていたけど本当はそんなことないんじゃないかな、という現実を突き詰められる。とりあえず今日も面接だ。面接が終わったらesを書いて明日の面接に備えて練習して。早く友達と遊びたい。